田苑酒造の検査体制 5つのステップ

田苑酒造では品質管理の万全を期するため、厳格な自社基準のもと5段階の検査体制を敷いています。原料から原酒、製品にいたるまで、自社だけでなく、第三者である外部機関にも分析を依頼。安心安全な製品だけを、お客さまのもとへお届けしています。

原料検査

原料となる麦や米は、納品前に納入業者が検査を行います。品質や産地に問題がないか、残留農薬はないかなど、製品単位ごと(ロット)に証明書を発行します。

事前検査

納品前の原料(麦や米)は、自社でも検査を行います。外部機関でも検査を行い、残留農薬検査の結果など、製品単位ごとに証明書を発行します。

受入検査

納入業者によって納品された原料を、自社で検査します。異物の混入やカビなど、証明書の内容に問題ないか、人の手による官能検査を行います。

行程検査

発酵・貯蔵・蒸留の各製造工程で、品質管理責任者による検査を行います。自社で設けた厳格な基準による、一般的な成分分析を全量で行います。

製品検査

製品となったあとも、自社で製品単位ごとに残留農薬等の検査を行います。また、第三者機関での検査のほか、主要製品を中心に抜き打ちの自社検査も行います。

  • 田苑とは
  • 日本初
  • 長期貯蔵
  • 音楽仕込み
  • DEN-EN VALUE

ページの先頭へ戻る