田苑酒造の歩み

明治の時代。
西南戦争から生還した
創業者はただひとり、
こだわりの焼酎を造り始めた。

明治23年
1890(明治23)年、西南戦争から親族四人のうちただ一人生き残った塚田祐介は、米どころとして有名な北薩の塔之原天神地区に塚田醸造場を創業。「玄米と黄麹」を原料に、手間を惜しまない蒸留を行い、玄米焼酎「つかだ」の製造を開始しました。当時は「玄米と黄麹」による焼酎造りに高い技術が必要であり、また生産量も少なかったことから、多くの蔵元が原料を「白米と黒麹」へと変えて行きました。しかし塚田醸造場は伝統の味わいにこだわり、玄米による焼酎造りを貫きました。

味と技を磨き続け、
品評会で一等に。
受賞に次ぐ受賞の中、
世界大戦による無念の休業。

明治35年-昭和16年
酒類の販売所では水で薄められた酒が売られていた時代、玄米と黄麹が醸し出す濃厚な味わいの「つかだ」は「3倍に薄めても売れる」と言われるほど評判となりました。1902(明治35)年には、第一回薩摩郡焼酎品評会において一等賞を受賞。以後も数々の賞歴が続きます。しかし1941(昭和16)年、第二次世界大戦が勃発。米の規制は強化され、玄米による上質な焼酎造りにこだわってきた塚田醸造場はやむなく休業へと追い込まれてしまいます。

芋焼酎による製造再開。そして、
「樽貯蔵」の研究が始まる。

昭和22年-昭和40年頃
終戦を迎えても米が入手困難な状況が続いたため、1947(昭和22)年、芋を原料とした焼酎製造を再開。鹿児島において評判となりましたが、一方東京ではその芋焼酎が厳しい評価を受け、4代目塚田定清は「焼酎の品質改善」を決意します。もとより世界の酒造りに精通し、焼酎の荒々しい味が熟成によって洗練されることに着目していた定清は1956(昭和31)年、本格焼酎による樽貯蔵酒の開発を決意。1963(昭和38)年には自らも鹿児島に戻り、他の研究者と共に「冷却ろ過」の技術を開発するなど、新しい焼酎造りに向けた研究と挑戦の日々が始まりました。

たび重なる苦況を救った、出会い。
今までの鹿児島にない蒸留所としての、再出発。

昭和45年-昭和54年
樽貯蔵酒の研究を進めると同時に、1970(昭和45)年、塚田醸造場は玄米による焼酎製造を復活。すぐに完売する評価を得つつも原料価格に圧迫され厳しい経営は続きました。しかし、ついに酒類免許の返上まで考えたそのとき、当時の薩摩酒造社長から「これまでの歴史を踏まえて、今までにない蔵元を一緒にやろう」との申し出があり、事業の継続と再出発が可能となりました。窮地を救い、のちに初代社長となる本坊豊吉そのひとが初めて蔵元を訪れたおり、周辺の田園風景に感嘆したことに由来し、1979(昭和54)年、「田苑酒造株式会社」が誕生しました。

日本初の「樽貯蔵の本格麦焼酎」
を完成。
焼酎のグローバルスタンダード
を目指して。

昭和57年-現在
田苑酒造として再出発した後は、長年培った技術力に加え最新の設備も導入。樽貯蔵酒の研究開発も加速し、1982(昭和57)年ついに日本初の「樽貯蔵麦焼酎」が完成しました。 1990年(平成2)年には音楽仕込みの技術も開発し、ますます独自の焼酎造りを究めて行く田苑酒造。世界を知り、世界に認められる蔵元としてこれからも、日本が誇る蒸留酒「焼酎」の可能性を、どこまでも追求し続けます。

ページの先頭へ戻る