お湯割りの正しい作り方

焼酎はあとで注いで風味を楽しむべし

焼酎にはいろいろな楽しみ方があります。
なかでも本格焼酎のお湯割りは、焼酎の本場 鹿児島でも最も基本的な飲み方として普及しています。本格焼酎の“味わい”と“うまさ”を際立たせ、本来の風味がやわらかく花開き(「焼酎の花」が咲くと表現しています)、まろやかな飲み口を楽しめるからです。
40〜45℃の温かいお湯割りや燗した焼酎を前割り(あらかじめ5対5に割ったもの)した本格焼酎を43℃ぐらいに温めて呑みます。これが最高!

ページの先頭へ戻る