風土

田苑を味わうこと。それは大自然という名の素材を味わうこと。薩摩桶脇の土と、水と、天候と。

大地によって磨かれた天然水は、
純度が高く、やわらかく、美味しい。

創業以来変わることなく、田苑酒造が焼酎造りを続ける薩摩川内市樋脇町。そこは火山性のシラス台地と平野の間にあり、山々から流れ出る幾筋もの清流が樋脇川となり大地をうるおす、美しい天然の水源に恵まれた地域です。シラス層を通って湧き出る水は不純物がろ過されて弱アルカリ性となり、そのどこまでもやわらかい水質は、田苑酒造の焼酎に共通するまろやかな味わいを生み出す大きな理由の一つとなっています。

厳しい寒暖の差が樽を呼吸させ、
熟成をますます深めていく。

樋脇町の自然が焼酎の味わいにもたらす恵み。それは良質の水だけではありません。気温差の大きい内陸性の気候も田苑酒造の貯蔵酒造りにとっては絶好の環境。温暖な鹿児島にありながら、冬には霜がおり雪が降る。日中は暖かくても朝晩は冷える。そんな寒暖の温度変化によって木製の樽が膨張と収縮を繰り返し、その「呼吸」によって日夜、焼酎の熟成が進んでいくのです。今この瞬間も、北薩の大自然によって、風土によって、田苑酒造の貯蔵酒は人の手だけでは造りだせない奥深い味わいへと熟成されています。

ページの先頭へ戻る