田苑酒造の歩み

明治23年   塚田醸造場として創業。こだわりの玄米焼酎を製造し評判となる
明治35年   第一回薩摩郡焼酎品評会において一等賞を受賞
昭和16年   第二次世界大戦勃発によりやむなく休業
昭和20年   第二次世界大戦 終戦
昭和22年   芋焼酎により戦後ついに製造を再開
昭和31年   本格焼酎の樽貯蔵試験を開始
昭和45年   日本万国博覧会 開催
昭和45年   玄米焼酎を復活させ、すぐに完売となる
昭和54年 3月 田苑酒造株式会社設立
昭和57年   26年の研究を経て、日本初の長期樽貯蔵麦焼酎を完成
昭和60年 11月 東京に拠点を置き営業開始
昭和60年 12月 長期樽貯蔵麦焼酎「田苑 金ラベル」発売 
昭和60年 12月 大阪に拠点を置き営業開始
昭和61年   日本初となる焼酎資料館をオープン
平成 元年   日経平均株価 史上最高値更新 バブル経済絶頂期へ
平成 2年   「音楽仕込み」の技術を開発
平成 4年   田苑酒蔵サロンコンサートをスタート
平成16年   発売から20年、「田苑 金ラベル」の生産量が16,451石を突破
平成17年   「メセナアワード」メセナ大賞部門地域文化賞を受賞
平成21年 7月 東京営業所改め東京支店開設
平成23年 7月 鹿児島営業所を開設
平成25年   「10年貯蔵芋焼酎」「13年貯蔵麦焼酎」の限定発売

ページの先頭へ戻る